uiawop x domain

最近コメントが増えてきてうれしいです。これからも頑張って行きますので応援よろしくお願いします。 by MUNDO

日本の半分以下の物価のウズベキスタン!驚き煙草

time 2015/04/29

2013年5月のゴールデンウィークにウズベキスタンに行ってきました。

サマルカンド中心地

サマルカンド中心地

ゴールデンウィークにもかかわらずウズベキスタン行の飛行機内はガラガラ。

ですが、ウズベキスタンには観光スポットが多数あるのでかなり見ごたえがありました。直行便なのに!

しかも、物価は日本の半分以下。現地での食事はもちろん、お土産も安く買うことができました。

ウズベキスタンは一生に一度は訪れた方がいい穴場の観光スポットです。

今回の記事の対象となる人

・物価の安い国に行ってみたい人
・これからウズベキスタンに行きたい人
タバコを吸う人


では、ウズベキスタンの物価について紹介する前に通貨について説明します。

ウズベキスタンの金

これがウズベキスタンの金です。

uzubemoney

ウズベキスタンは旧ソ連の支配下にあったので、旧ソ連の衰退により、インフレが起こり、通貨がこのような状態になっています。

だから、物価との調整が起こり、現在では、ご飯を食べるときには、100枚程度のお札を渡すことになります。

スリなどに気を付けながら大量の金を持ち運ぶので非常に不便ですが、お金持ちになった気分になるのが面白いです。

ジャケットのポケットのいたるところにお札を装備して歩く経験は今回が初めてでした。

レストラン等で支払いをする際に、レジで大量の札束を数える機械を使って数えていますが、その光景がカジノや銀行のようでした。

枚数が多い分、支払いに時間がかかり、トイレに行きたい時にイライラしたこともありましたが、全て初めてで貴重な経験を味わえます。

ウズベキスタンは物価が安い

ウズベキスタンはとにかく物価が安い。

たらふく食べてもお釣りが来ます。ウズベキスタンの中心街には大型ストアがあるので、行ってみてください。

たくさんの首里の煙草が売られています。煙草は1箱50円くらいでした。

日本では1箱500円くらいなのに、驚きの物価です。

まとめ

いかがでしたか。ウズベキスタンに行ったときには、必ず大型スーパーに行って、煙草を買いましょう。

俺は、煙草をカートンで大量に買い、日本に持ち帰って煙草を吸う友達のお土産にしました。

ただ、帰国時の手荷物検査に引っかからないくらいの量に抑えることを気を付けてください。

次は、ウズベキスタンに持って行った必需品を紹介します。⇒必需品

 

down

コメントする




ブラジルアルゼンチンで病気になったら



sponsored link

人気記事