uiawop x domain

最近コメントが増えてきてうれしいです。これからも頑張って行きますので応援よろしくお願いします。 by MUNDO

泳ぐならシドニーのボンダイビーチだけど、このクラゲが危険!

time 2015/10/10

ンダイビーチに行くならクラゲに注意!!

 

俺はシドニーに約5日ほど滞在し、郊外のビーチにも行ってきました。その時の様子がコチラ。

シドニーはオペラハウスが有名ですよね。実はシドニーには海沿いなので、バスで30分くらい離れたところに綺麗なビーチもあります。

市街地から便利なところにあるビーチなので気軽に行けます。ただ、クラゲには付けましょう。

 

今回の記事の対象となる人

・これからシドニーに行く人
・シドニーの海で泳ぎたい人

ボンダイビーチの様子

ボンダイビーチの様子

 

ビーチまでの行き方

ボンダイビーチに行くには、まずは電車に乗ってボンダイジャンクションという駅に行きます。

ボンダイビーチまでの電車

ボンダイビーチまでの電車

ボンダイジャンクション

ボンダイジャンクション

ボンダイジャンクションに着いたら、次はバスに乗り換えます。周りには水着の人たちがいるので、ついていけばバス亭にすぐにたどり着けますので、ご心配なく。

念のため、写真を載せておきます。

ボンダイ行のバス

ボンダイ行のバス

バスに乗って、右手にこのような景色が見えてきたら、バスを降りましょう。

バスからのボンダイビーチの景色

バスからのボンダイビーチの景色

あとは海に向かって歩いてください。バス停からはだいたい徒歩3分くらいで到着します。ちなみに、バス停を降りたら、反対側にある帰りのバス停を念のため探しておくと帰りに道に迷わなくて済みます。

バス停からボンダイビーチまで

バス停からボンダイビーチまで

ボンダイビーチに行く時の持ち物

次に、ボンダイビーチに行く時に持っていった方がいいものをピックアップしました。参考程度に見ておいてください。

水着(男性)⇒現地の人はハーフパンツのこういう水着を着ていました。

俺は、宿を出発した時からそのまま水着を着ていきました。過激な水着でなければ、けっこう水着で移動している人もいるので、その辺も考慮して水着を選ぶといいかもしれませんね。

で、海に入った後に砂浜でゴロゴロして乾かし、砂を落としてそのままの水着で帰りました。

水着はポケットチャック付がベストです。

・水着(女性)⇒女性はこういう水着を着ていました。

ゴーグル

ジップロック

海の中に入るので、財布だけだとぬれてしまいます。

そこで、ジップロックが必要。財布ではなくてジップロックに硬貨や紙幣を入れて濡れないようにし、ポケットチャック付の水着に入れれば、無くさないですし、ぬれません!

ロッカー等は見当たらなかったので、砂浜の中に隠すことになります。置き引き等に気を付けましょう。

ボンダイビーチに行く際に気を付けること

海で泳いでいる間に無くしてしまったり、砂浜に置いていると盗まれてしまったりする危険性が高いので、大事なものは宿に置いていきましょう。

特に

・パスポート
・必要以上の金
・スマホ

は、持っていかない方がいいと思います。

ボンダイビーチのクラゲについて

俺が泳ぎに行ったのは、3月中旬くらいだったのですが、ボンダイビーチの海にはジェリーフィッシュと呼ばれるピンク色のクラゲがいます。

刺されると危険なジェリーフィッシュ

刺されると危険なジェリーフィッシュ

サイズはだいたい直径7cmくらい。砂浜の水辺にクラゲがこんな感じで転がっています。

普通に泳いでいるだけならあまり刺される危険性はないと思いますが、運悪く刺された場合は、お酢やオシッコをかける等をして消毒をするといいらしいです。

down

コメントする




海外でモテる

ブラジルアルゼンチンで病気になったら



sponsored link

人気記事