uiawop x domain

最近コメントが増えてきてうれしいです。これからも頑張って行きますので応援よろしくお願いします。 by MUNDO

香水を少量ずつ持ち運べるアトマイザーが便利

time 2018/08/24




広告


広告

前の記事でアバクロFIERCE200mlを17,000円で正規店で購入した内容を書きました。

買ってから数日が経ちましたが、毎日匂いをかいでも飽きないよい香りです。

ですが、200mlのボトルは持ち運ぶにはちょっと重い。。。

買う時にも、 200mlは重いから持ち運ぶのには苦労することはすでに想定はしていたのですが、200mlじゃないと、金額的にお得ではないと思い、一番大きいやつを選びました。

今回の記事の対象となる人

・香水を使っている人
・好きな香水を軽くして持ち歩きたい人



広告

アトマイザーが便利

アトマイザーって皆さん知っていますか?

あまり聞きなれない名前ですが、アトマイザーとは香水を入れる少量のボトルのことです。

基本的にスプレーもついていて軽くすることができて便利。

ガラスタイプとプラスチックタイプがあり、プラスチックタイプは多少ガラスタイプよりも安いようですが、香水は揮発性があるので、液体が漏れてしまう危険性があります。

なので、俺は多少高くてもいいのでガラスタイプを選んでいます。

蓋を開けて注ぐタイプとプッシュして入れ込むタイプ

ガラスとプラスチックのほか、香水を注ぐ方法にも2種類あるみたいです。

蓋を開けて注ぐタイプのほうが多少安いですが、ふたを開けてしまうと香水が酸化してしまい、劣化が進んでしまうので、俺はプッシュして注ぐタイプを選んでいます。

ガラスでプッシュ式のアトマイザーが一番香水を長持ちさせるのでおすすめ。

実際に使っていて一番思うのが、軽くて持ち運びが便利。200mlが5mlくらいになるのでかなり軽くなります。

気を付ける点

どのアトマイザーを買うのか検討しているときに、一番目にしたことは、安いアトマイザーほど漏れる危険性が高いということ。

せっかく入れても漏れてしまったら、香水がもったいないだけではなく、一緒にカバンに入れていたものにも付着してしまって大変なことになります。

香水はシミになる危険性もあるので、一緒に入れていたものが大事なものだったりすれば一大事ですよね。

なので、漏れないかどうか評判を確認することも忘れてはいけません。

まとめ

アトマイザーを購入する際に気を付けること
→ガラス製を選んだ方が漏れが少ない
→品質について評判を確認した方がいい
→プッシュ式が楽

down

コメントする




ブラジルアルゼンチンで病気になったら



sponsored link

人気記事