uiawop x domain

最近コメントが増えてきてうれしいです。これからも頑張って行きますので応援よろしくお願いします。 by MUNDO

海外旅行によく行く俺が思う楽天プレミアムカードのメリットとデメリット

time 2018/07/26




広告


広告

りを見渡すとほとんどの海外旅行に行く友達は楽天プレミアムカードを持っています。

年会費が10,800円かかるのによく持っているなと感心するんですが、よく調べてみると持っている理由がわかりました。

今回の記事の対象となる人

・楽天カードを持っている人
・楽天プレミアムカードを検討している人
・海外旅行によく行く人



広告

自動付帯がある!

自動付帯は、海外へ行くと自動的に海外旅行保険が有効になるものです。

利用付帯は旅行費などをカード支払をしないと保険が有効にならないものです。

楽天カードだと利用付帯までしかついていないので、楽天トラベル等でチケットを買ったりしないと利用付帯がつかず、現地で何かあったときに 保険が下りないことになってしまいます。

しかし、楽天プレミアムカードであれば、自動付帯なので利用条件なく保険を使うことができます。

プライオリティパスもある!

楽天プレミアムカードと言えば「プライオリティ・パスが無料で付いているカード」として有名です。

このカードに付いているのは、プライオリティ・パスの中でも、最高の「プレステージ会員」で、本来なら、年間399ドルかかるものです。

それがたったの10,800円で使えるのだから、みんな持っているのもうなずけます。

このプライオリティ・パスだけで、楽天プレミアムカードの年会費1万円の価値があると言えます。

ただ、残念なポイントもあります。

それは、楽天プレミアムカードの 家族カード会員にはプライオリティ・パスは付かないという問題。

家族や友達と数人で旅行した場合、楽天プレミアムカードを持っている自分だけしかプライオリティパスを利用できないのが残念なポイント。

自分だけしか使えないなら、たぶん使わないでしょう。笑

同伴者としてラウンジを利用しようとすると、一人につき27ドルかかります。27ドル払って利用しますか?たぶん、しないですよね。

なので、この楽天プレミアムカードで、プライオリティ・パスのラウンジを満喫するなら、一人旅か、同じくプライオリティ・パスを持つ友人と一緒に旅行するしかなくなります。

ロストバゲージ、遅延の費用は出ない・・・

ほかにも残念なところがあります。

預けたスーツケースなどが届かないというロストバゲージや、乗るはずの飛行機の遅延、欠航等、海外旅行には想定外のトラブルがつきもの。

楽天プレミアムカードは、その大事なロスバゲと遅延がでないところが痛いです。

まとめ

・メリット
→自動付帯の海外旅行保険が付く
→プライオリティパスが10,800円で使える

・デメリット
→プライオリティパスは自分のみしか使えない
→ロスバゲと遅延は出ない

down

コメントする




ブラジルアルゼンチンで病気になったら



sponsored link

人気記事