uiawop x domain

最近コメントが増えてきてうれしいです。これからも頑張って行きますので応援よろしくお願いします。 by MUNDO

カプリ島の青の洞窟は泳いで見ることもできる!?

time 2017/02/20

分で泳いで青の洞窟に入れるって知ってました?

 

青の洞窟はイタリアのナポリから船で1時間くらいのところにあるカプリ島にあります。

実際にここに行ってきたんですが、船で行く方法と自分で泳いで行く方法があるようです

今回の記事の対象となる人

・これから青の洞窟を見に行く人
・泳力に自信がある人
・めちゃくちゃ青の洞窟を見たいと思っている人



広告

ナポリからカプリ島に行く方法

まずは、ナポリからカプリ島に安く行く方法について説明します。カプリ島には、基本的に船で行くことになります。

 

image

 

ネット検索をするとツアーがたくさんありますが、別にツアーを予約しなくても簡単に行けるので、こちらを参考にしてみて。

1.まずは船のチケットを買う

船のチケットはオンラインで買えます。もしくは、当日船乗り場に行けば、チケットを買うことも可能。できれば、ネットで事前に確認しておいた方が当日の出発時間がわかるので、先に見ておきましょう。

ちなみに、俺はネットで検索をかけてみて、チケットを先に購入しました。実は、船を出している会社がいくつかあるようで、チケットの金額や船に乗っている時間が多少違います

 

2.時間前に船乗り場に行く

出発時間前に船乗り場に行きましょう。俺は前日に場所を確認しましたが、これがわかりにくい!わかりにくい!

地図上ではココになるので、前日に散歩がてら船乗り場の偵察に行っておくことをお勧めします。まあ、当日、特に朝が早ければ、多くの人が船乗り場に向かっていくので、なんとなく周りの人たちについていけば、たどり着くと思いますが。。。

image

3.船乗り場でチケットをもらう

事前にネットでチケットを買っているのであれば、その控えを売り場のスタッフに見せましょう。

すると、本チケットをもらうことができます。あとは、ベンチがいくつかあるので、時間になるまでそこで待っててください。

カプリ島からナポリへのチケット

カプリ島からナポリへのチケット

で、時間になったら船に乗って出発です!!!

船でカプリ島へ

船でカプリ島へ

 

4.到着後が少し大変

船が到着後、多くの人が一斉に降りて行って、ごちゃごちゃしています。ここから、バスやタクシーに乗って宿に行くわけです。

正直言うと、初めてで良くわからなかったので、俺はタクシーを使い宿の前まで行きましたが、後でわかったのが、カプリ島内は道が少ないので、バスでも全然同じスピードで走っていて、着く時間も場所も同じ

なので、みなさんはバスで行ってみて良いと思います。万が一、間違えた方向に行っても、バス停で降りてまたバスで引き返せばいいだけです。

あと、本当に狭い道を割と大き目なバスがすいすい走っていくのは珍しくスリリングで面白いので、一見の価値ありです!安いし!

カプリ島内での青の洞窟までの行き方

カプリ島内では、先ほどの説明でもしたようにバスが便利です。なので、バスで「Grotta Azzurra」行きと書いてあるバスに乗ればいいだけです。

バスが至る所に走っているので、くれぐれもタクシーで行ってお金を損しないように気を付けましょう

青の洞窟の見方

青の洞窟を見るには2つの方法があるようです。一つは小舟、もう一つは自力で行く方法。小舟に乗る方法については、他のブログでいっぱい書いてありますが、自力で行く方法についてはあまり情報がないので、現地の人が言っていた情報を詳しく書いていきたいと思います。(自力で入るのは危険を伴いますので自己責任で)

ちなみに、小舟で行く方法は、夕方5時くらいまでの時間帯で、船に乗っけてもらってお金とチップを払い、1分程度サクッと洞窟に入って終わりっていう感じ。

ボートで見る青の洞窟入り口

ボートで見る青の洞窟入り口

・濡れたくない人
・泳げない人
・いいカメラで洞窟内を撮りたい人

これらの人にはおすすめですが、洞窟内の時間が1分程度なので、目が暗闇に慣れる前に外に出てしまうので、本当の青の洞窟の輝きを生の目で見れないのが最大のデメリットだと思います。

image

俺はカメラでも写真を撮りたかったので、船でも入りましたが、一長一短って感じ。

自力で入る方法

夕方5時を過ぎると、船の人たちが一斉に終了し、若いヨーロッパ系の外国人たちが海に水着で飛び込んでいきます。

みんなはしゃぎながら、洞窟内へ入っていきます。まぁ、みんなと言ってもそこまで人数は多くなく、だいたい15人程度

洞窟の入り口は波が上がったり下がったりするので危険ですが、いちお鉄の鎖があるのでつかまりながら恐る恐る入っていきます。

青の洞窟

青の洞窟

洞窟内は本当にブルー。みんな40分くらいぼーっとぷかぷか浮いていて、暗闇に目を慣らしていくと、海が青くきらめき、自然のすごさを感じると実際に入ってきたその場にいた人は言っていました。

洞窟内は、入り口と比べて、波が立ってなくて静まっているので、落ち着いていられるようです。プールと同じくらい静か

沖に上がるのが大変

洞窟内で景色を堪能した後は、また地上に戻るわけですが、地上まで登るのが結構たいへんそうでした。

なぜかというと、洞窟を出た途端、波の上がり下がりが激しく、波がなかなか地上の高さにならないし、波のリズムが一定でないので、腕力の力任せで無理やり沖に上がる感じ。

海に向かってハシゴも伸びていますが、すでに藻でぬるぬる状態。かなり高い所にあるので、腕力で自分の体重を持ち上げられない人には厳しいのかもしれません。

まとめ

・ナポリからカプリ島まで
⇒ツアーじゃなくても簡単に行ける
⇒船の値段と乗っている時間が多少違う

・酔い止めは必須
酔い止めを探す【楽天】
酔い止めを探す【Amazon】

・青の洞窟を見るには
⇒船で行く方法だと時間が短い
⇒泳いでいく方法だと体力がいる
水着を探す【楽天】(男性)
水着を探す【楽天】(女性)
ゴーグルを探す【Amazon】

・目が悪い人はコンタクトレンズを忘れずに
コンタクトレンズを探す【楽天】
コンタクトレンズを探す【Amazon】

down

コメントする




ブラジルアルゼンチンで病気になったら



sponsored link

人気記事