uiawop x domain

最近コメントが増えてきてうれしいです。これからも頑張って行きますので応援よろしくお願いします。 by MUNDO

自然に連絡先を渡すテクニック

time 2018/07/27




広告


広告
通に連絡を聞けばいいだけですが、時にはほかの人がいたりして連絡先を聞きにくい時もあると思います。

相手や自分が急いでいて連絡先を聞けなかったりすることもありますよね。せっかくのチャンスがもったいない。

そこで考えた俺のテクニックの1つを紹介します。

今回の記事の対象となる人

・連絡先を自然に聞きたい人
・チャンスの確率を上げたい人

自分の財布に連絡先メモを忍ばせておく

(1.ノートの切れ端を作り自分の連絡先を事前に準備)
名刺とかでも大丈夫ですが、なければ、ノートの切れ端を10枚くらい作り、それぞれに手書きで連絡先を書いておきます。

ノートの切れ端を使うのには理由があります。話しているうちに一目ぼれをし、自分の手帳を今さっき切り離して連絡先を書いたっていうストーリーができます。

名刺だったり、きれいな紙を使ってしまうと、そのロマンティックなストーリーがなくなってしまうので、できればノートの切れ端を使うことをすすめます。
(2.多めに財布に入れておく)
俺は基本的に 10枚くらいはストックしています。しかも、英語版と日本語版です。

英語の場合はフェイスブックとメールアドレス、インスタの連絡先を書いています。世界ではフェイスブックやインスタが一番使われていますからね。

日本語の場合は、 LINEですね。

まとめ

・連絡先を自然に渡す方法
→財布にノートの切れ端をいれておく
→10枚くらい入れておく

down

コメントする




ブラジルアルゼンチンで病気になったら



sponsored link

人気記事