uiawop x domain

最近コメントが増えてきてうれしいです。これからも頑張って行きますので応援よろしくお願いします。 by MUNDO

TOEICで800点以上を取るのに有効!太くて安いシャープペンでマークシートの時間短縮を図る

time 2017/03/11

TOEICで効率的にマークシートを塗る方法を知っていますか!???

ひたすら円を塗っていくことになるTOEICでは、鉛筆の使い勝手が点数にかなり影響します。

ただのシャープペンシルだと塗るのに時間がかかるけど、鉛筆だとやっぱり折れるのが怖い。そう思って、妥協してシャーペンを使っている人もいるのではないでしょうか。

ここでは俺が使っているペンについて紹介します。

今回の記事の対象となる人

・マークシートを塗る作業の時間短縮を考えている人
・TOEICで高得点800以上を取った俺のテクニックを知りたい人



広告

俺が使っているペン

「MARKSHEET SHARP」というロゴがあるコレ。
ぺんてる シャープペンシル マークシートシャープ 1.3mm B芯

俺はこのペンを220円で買いましたが、値段が前後しているかもしれませんので実際に確認はしてみてください。このペンは鉛筆とシャーペンのいいとこ取りの太芯シャーペンは購入マストです!

他にもいくつかこの手のペンはありますが、この「ぺんてる」のシャープペンが一番安くてしっかりしているみたい。一番気になるシャーペンの先っぽは画像で見るとこんな感じ。

1489213527547-419464201

デザイン的にはちょっと安っぽいところと、持ち手のところが少し鉛筆並みに細いので持ちやすさに難があるかもしれませんが、俺はおおむね満足しています。

実際に使ってみた結果

テスト当日周りを見渡してみると結構、みんな鉛筆を使っている人が多くてこのシャープペンを使っている人は見当たりませんでした。

さて、TOEICに実際に持って行って使ってみた結果が一番大事なところ。

結果、マークシートの塗るスピードは格段に上がりました。リーディング時間は5分程度余ったので、見直しもできました。

リスニングとリーディングの塗り方の具体例

リスニングについては、声をなるべく正確に聞く時間を大切にすることが得点アップの大事なきもなので、声が出ている時間はマークシートをきれいに塗るのではなく軽くチェックだけつけて、リスニングセクションが全て終わった直後に30秒程度で、そのチェックをこのシャープペンで塗っていくのが俺のやり方です。

リーディングについては、自分で時間配分を管理できるので、そのままこのシャープペンを使ってマークシートを塗っていきます。

このペンを使う最大のメリットは、リスニングの終了後のマークシートの塗る時間を2分から30秒に短縮することです。TOEICだけではなく他のマークシート方式試験でも有効です。オンラインでしか買えまえせんが、みなさんも是非試してみてください。

まとめ

・オンラインでシャープペンを探してみる
ぺんてるシャープペンシル1.3mmB芯を探す【楽天】
ぺんてるシャープペンシル1.3mmB芯を探す【AMAZON】

down

コメントする




ブラジルアルゼンチンで病気になったら



sponsored link

人気記事