uiawop x domain

最近コメントが増えてきてうれしいです。これからも頑張って行きますので応援よろしくお願いします。 by MUNDO

あまり知られていない!海外旅行保険手続きはたった10分の空き時間で空港で簡単にできる!

time 2015/04/29

2010年にオーストラリアに旅行した時には、旅行前に家の近くにある保険会社に足を運び、手続きを完了させていました。

頻繁に海外旅行をする友人と海外旅行に行った際、友人が空港で保険の手続きができて、時間も10分程度しかからないとのことでした。実際にやってみたら言っていた通り10分で済みました。

それ以来、空港で手続きをしています。

今回の記事の対象となる人

・これから海外旅行に行く人
・海外旅行保険の手続きが面倒くさい人
・忙しくて時間のない人

では、空港での海外旅行保険の手続きについて説明します。

空港での手続きがオススメ理由

空港での海外旅行保険の手続きは約10分程度で終了しますが、地元付近の海外旅行保険手続きでは、一度足を運ばなければなりません。

クレジットカードの保険等を利用することも最近では主流ですが、本当に保険金がスムーズにもらえるのか不安なところもあります。

海外旅行保険手続きを空港でできることがあまり知られていないせいか、待ち時間は一切なく手続きをすることもできるので、手続きをできることが知れ渡るまでは、空港で簡単に手続きをして時間を短縮することをすすめます。

海外旅行保険の種類

海外旅行保険は損保ジャパン、AIO、東京海上日動があります。

ちなみに、俺はかわいい人が受付にいる会社を選んでいます。

手続きをする場所

成田空港や羽田空港では確認済みですが、基本的に国際空港では海外旅行保険手続きをすることができます。

手続きする場所は、空港内の出発階にあるチェックインカウンターの周辺です。たくさんあるのですぐに見つけることができると思いますが、見つからない場合はインフォメーションセンターもしくはチェックインの受付の人に海外旅行保険手続きのできる場所を尋ねてみましょう。

海外旅行保険の手続きの仕方

・2時間くらい前に空港に到着し、時間に余裕をもってチェックインを済ませてください。

・AIO、東京海上日動、損保ジャパンが並んでいるので、その中からどの海外旅行保険会社にするか選びます。

・パスポートとチェックイン時にもらった搭乗チケットを受付にみせてください。

・保険を選びます。おすすめはオプションで、疾病の保証です。怪我をした場合に病院代を保証してくれます。携行品については、スリが多い国に行く場合、高額なものを持参する場合、旅行日程に余裕がある場合に申し込みます。

理由については、後で説明します。

・クレジットカードによる支払いをします。日本円でお釣りをもらってしまうと、海外旅行先でお財布がかさばります。

・保険手続きが終了し、受付の人から保険内容について説明を受けます。現地でけがをした場合に重要になりますので、けがをした場合の病院での手続きのやり方等についてしっかりと確認をしておいてください。

・パンフレットと保険証書が渡されます。証書は自宅に戻るまで大切に保管しておいてください。

・受付の人が証書の控えを郵送するかどうか確認してきますので、郵送をしてもらってください。

・これで完了です。

携行品について

俺が携行品を申し込む場合は、スリが多い国に行く場合、高額なものを持参する場合、旅行日程に余裕がある場合です。

・スリが多い国では、携行品をスラれる可能性が高いため
・高額なものを持参する場合、スリに目を付けられる可能性が高いため。ちなみに、保証金額は1品につき最大10万円しかでないことが多いです。
・旅行日程に余裕がないと、万が一スリに遭った場合、現地警察で被害届をもらう必要がありますが、日程に余裕がないと警察まで行く時間がないからです。

まとめ

これらを踏まえ、海外旅行保険手続きを空港内ですますことができれば、時間の短縮になります。

海外旅行保険に加入することは必須事項ではありませんが、万が一のために海外旅行をする際は利用を検討してもてはいかがですか。

次は、航空券を安く買える時期を紹介します。⇒安い時期がわかる記事はコチラ

 

down

コメントする




ブラジルアルゼンチンで病気になったら



sponsored link

人気記事