uiawop x domain

最近コメントが増えてきてうれしいです。これからも頑張って行きますので応援よろしくお願いします。 by MUNDO

ヘルニアでも絶対海外旅行に行きたい人のための細かな注意点

time 2015/05/08

度のヘルニアのため3か月間もの間、入院しました。ヘルニアがどのくらい辛いものだったのか知りたい方は記事の最後にあるヘルニア体験記ををご覧ください。

俺のヘルニアは手術をすれば短期間の辛さで済みましたが、術後の癒着の危険性などの理由を6人の医師といろいろ相談する中で、手術の選択が怖かったので、結局痛い期間の長い自然治癒という方法で治していきました。現在もヘルニアの痛みが相変わらすあるんですが、ヘルニアに細心の注意を払いながら海外旅行に行っています。ちなみに、少し前に日本の反対側にあるブラジルに行ってきました。ブラジルなんかは日本から飛行機片道32時間かかります。さて、どのようにヘルニアの症状を予防していくのか、事前に考えておくことや注意することをまとめましたので、ご覧ください。

今回の記事の対象となる人

・腰痛持ちの人
・腰痛持ちだけど海外旅行に行きたい人
・腰痛に関して気を付けることを知りたい人

hernia-opener

海外旅行先を選ぶ際に気を付けること

ヘルニアを持っている人が気を付けることは「旅行先が腰に問題がないか」です。椎間板ヘルニアになってしまったことがある人はよく考える必要があります。注意をすることは2つ。

・旅行先の道路状況

⇒旅行先がへき地や発展途上国だった場合、道路環境が悪い道が多く、もし道路状況が悪くガタガタした道ばかりだった場合、腰に負担がかかります。

・旅行先までの渡航時間

⇒たとえば南米に行きたい場合、飛行機内に座っている時間が30時間を超えます

俺が実際にしている対策

ガタガタした道を通る可能性、飛行機の中で突然痛くなる可能性を考えて、常にコルセットを持参。市販で売られている鎮痛剤と湿布も持っていきます。特にロキソニンシップは就寝前に足首等にも使うと疲労が劇的に改善されるので、もっと旅行を楽しみたい方や足を酷使しすぎてしまった方にはおすすめの方法です。費用の安いバスに乗ることも多いですが、飛行機やタクシーを利用。また、海外旅行保険に加入
海外旅行保険の手続き

まとめ

そのほか俺がいつも持っていく持ち物
俺が必ず持っていくものとは

 

down

コメントする




海外でモテる

ブラジルアルゼンチンで病気になったら



sponsored link

人気記事