uiawop x domain

最近コメントが増えてきてうれしいです。これからも頑張って行きますので応援よろしくお願いします。 by MUNDO

韓国・中国(アジア)のクレジットカードについて知りたい人

time 2017/03/04

今回は韓国や中国(アジア圏)のクレジットカードについて説明していきます。

今回の記事の対象となる人

・韓国・中国のクレジットカードについて知りた人



広告

韓国・中国(アジア)

意外と知られていないことですが、アジアの各国でもクレジットカードは頻繁に使われています。たとえば、中国は経済発展と共にカード利用の普及が一気に進んでいますし、韓国はもともとカード社会と言われるほど、多くのお店やコンビニでも使われています。

アジア全般としてみると普及が進んでいて最も便利なのはVISA・マスターカード・JCBの三社です。日本国内のみというイメージが強いJCBも、韓国・中国をはじめ、香港・シンガポール・マレーシア・タイなどではVISAやマスターカード並みの加盟店数を誇ります。

韓国

韓国で広く使われている国際ブランドはVISA・マスター・JCBの三社ですが、その中でも特にお勧めなのはVISAです。使えるお店の数などは基本的にどこも変わらないのですが、VISAには韓国旅行において大きな強みがあります。

それはVISAの利用優待です。例えば多くの免税店やホテル・ブティック・レストランなどで利用料金の割引を受けることができます。

期間限定のお店や優待を受けることができないお店もありますが、他のクレジットカードにはない大きなメリットと言うことができます。マスターカードやJCBも韓流ブームで韓国旅行に行く人が増えたことから様々なキャンペーンを行っていますが、1番インパクトがあるのはVISAでしょう。

中国

一昔前まではクレジットカードなんかほとんど使われていなかった中国ですが、近年の経済発展と共に広く普及しています。中国に住んでいる方に最も普及しているのは、ユニオンペイ・ネットワークという中国を中心とした国際ブランドですが、VISA・マスター・JCBも不自由なく使うことができます。

北京や上海など大都市では、高級店(ホテルやデパートなど)以外の普通のお店でもカードを使えるお店が多くなってきており、実際に万博やオリンピックで観光客が急増したときも多くの方がカードを利用していました。

その他アジア諸地域について

一方、大都市を離れてちょっと小さな街に行くと、ホテルやデパート以外ではほとんど利用できないというケースもまだまだ多いのも確かです。台湾や香港・マカオ・シンガポール・タイなど観光客が多く訪れる国や地域では高級店でのみカード利用ができるというパターンが多いです。利便性を考えると韓国や中国と同様にVISA・マスター・JCBがお勧めです。

アジア諸国の中でも発展途上国と呼ばれる国や地域では観光都市以外では使えないことも多いです。また、治安のあまり良くない場所では強盗やひったくりなどにも注意が必要です。

まとめ

楽天の登録を先にする
楽天市場
楽天カード
⇒キャンペーンのポイントをもらうように注意

海外航空券を安く買う方法について
格安航空券の本当に安い時期を知っていますか!? おススメはコレ
格安航空券を探す時に俺が使っているサイト

down

コメントする




ブラジルアルゼンチンで病気になったら



sponsored link

人気記事